アラフォー女子がモテる理由

以前、アメブロに書いた記事『アラサー女子よりアラフォー女性がモテる理由とは?』に対して、古くからの読者さんである「アラフォー女性さん」から、こんなコメントをいただきました。

 

『私のことで言えば

アラフォーあたりからめっちゃモテます(^ ^)

男性だけでなく女性からも♡

 

人の話を聞くのが好きなのと

明るくて楽しいからと(夫談(^^;)

 

若い頃はトンがってましたが

ある時点から女性って変わるんじゃないかな

身構えることなく

自然体でいられるとか言うか

女通しでも話しやすくなりますね♪

 

ホルモンの関係もあるのかな?

小五郎さん

調べてくださーい(^○^)』

 

 

ということで、気になったので”モテ”と”ホルモン”との関係を調べてみました。

その結果…「女性ホルモンとフェロモンは密接な関係にあり、フェロモンの多い女性が人を惹きつける」ということが判明!調べた内容を、以下の記事にまとめました。

・・・・・・・・・・・・・

フェロモンというものは、実は女性ホルモンと大きく関係しています。エストロゲンという女性ホルモンが安定して分泌されると、肌や髪が艶やかになったり胸が大きくなったりと女性らしいボディや見た目になります。別名美容ホルモンとも呼ばれるこのホルモンは体内で分泌されます。逆に減少すると生理不順や肌荒れなどを引き起こすことにもなります。

一方、エストロゲンの分泌に刺激を受けて、体外に放出されるのがフェロモン。脇の下などにあるアポクリン腺と言う部分から放出される物質で、個人差はあっても誰しもがフェロモンを出しているのです。エストロゲンが多く分泌される排卵時期には、このフェロモンも多く放出されるということになります。

フェロモンを多く分泌している女性には、男性が寄ってきやすくモテやすい…とも言われています。フェロモンそれ自体に匂いはありませんが、男性の本能的な部分や遺伝子レベルで、”匂い”を感知している可能性があります。

女性の匂いは、男性の欲求をかき立てる効果があるのは間違いありません。実際にオトコは女性の髪の匂い(シャンプーやリンスの香り)や、香水の香りに思わずクラッとすることはよくあります(笑)

ちなみに男性ホルモンを刺激するのは、”オスモフェリン”や”イランイラン”という成分の入った香水。ジャスミン、オレンジなど柑橘系の香りも効果的です。

その他にも、男性が女性フェロモンを感じる要素ととしては「仕草」「声」「服装」などがあります。よく言いますよね?「女性が髪をかきあげる仕草に色気を感じる」とか。また、「ハスキーで空気を含んだような声」にもゾクッときます。服装は、やはり体のラインが出やすいボディコンシャスの服にドキッとしますし、意外なところでは”着物”に対してもフェロモンを感じる男性が多いそうです。

と…ここまでは男性が女性に感じるフェロモンの『外的要素』を書きましたが、実際に「内面から」フェロモンが出るようにするためにはどうしたら良いか?

1)健康的な心と体=ホルモンバランスを整える

2)美意識を高く保つ

3)ストレスを溜め込まない生活

4)十分な睡眠とバランスの良い食事

5)精神的な安定感

まあ、どれも特別なことではありませんが、実はこんな当たり前のことが、現代の忙しい女性にはできていないらしいのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

ここからは小五郎の私見です。

最初のテーマである「アラサー女子よりアラフォー女性がモテる理由とは?」について言うと、要するにアラフォー女性の方が色々な意味で「精神的な余裕がある」ってことじゃないでしょか?

20~30代の頃は「仕事覚えなきゃ」「恋愛しなきゃ」「ダイエットしなきゃ」「お金がない」「友人関係が面倒くさい」「結婚できるかな?」などなど…そもそも生活自体に悩みが多く、精神的な余裕もない。

だから、常にストレスを抱えており、それが外部に対して(特に男性に対して)刺々しい態度をとったり、キツイ口調になったり、笑顔が消えて怖い顔になったり(笑)…そうなるとフェロモンどころではないですよね?

それに対してアラフォーになると、まあ仕事上は中間管理職的なポジションになったり、結婚や出産で悩んだりと、必ずしもストレスから解放されるわけではありませんが、そこは”経験値”があるので、独自のストレス解消法などもあったりするのでしょう。

「こう接したら嫌われるな」とか「こういう言い方は相手を傷つけるな」とかが経験上分かっているので、外から見ると『寛容で、穏やかで、しかも大人の色気がある』となり、それが”モテ”につながっているのだと思います。

当然、そういう女性は同性からも好かれるでしょう。「頼りになる先輩」「愚痴や相談ごとも笑顔で聞いてくれる」「仕事で失敗しても一方的に怒らず、的確なアドバイスで励ましてくれる」などなど。

 

そういう精神的な余裕が結果として「フェロモン=女性ホルモン」の分泌に結びつくのだと思います。

 

フェロモンという言葉だけ聞くと、「妖艶な色気」とか「性的な魅力」みたいなイメージがありますが、そうではなく『トータル的に魅力的な女性』の源泉なんだな…と、今回新たな気づきがありました。

読者女性の皆さまも、年齢に関係なく、ぜひ『フェロモン』をジャンジャンバリバリ出しちゃってくださいな(笑)

タイトルとURLをコピーしました